スポンサードリンク

2013年02月10日

卒園文集 例文

卒園文集を書くといした場合の例文になります。
卒園文集といってもどうしても親が書く部分が多くなります。
園児に書け、といってもなかなか難しい部分がありますから、
そうなりますかね。。

例文1:
3年間通ったことをほめてあげるなどするパターン。

〜ちゃん、ご卒園おめでとう!通い始めた時は泣いてばかりだった〜ちゃんが、
今じゃ笑顔で幼稚園に行く日を待っているというのが信じられません。

こんな感じで、幼稚園に通い始めた時と、卒園する前の状態の比較をしてあげます。
そして大きくなったね、頑張ったね、次もがんばろうね、というようなことを
書いてあげます。


例文2:
将来への期待を書くパターン。どんな小学生になってほしいか、ということを
書いてあげます。

〜ちゃん、ご卒園おめでとう!あんなに小さかった〜ちゃんも4月からは小学生
ですね。幼稚園でもたくさんのお友達を作りましたけど、小学校ではもっと
お友達ができるかもしれません。

こんな感じで、どちらかというと今後のことに重点を置いて書いてあげます。


例文3:
これも将来への期待ですが、スパンがかなり違って、10年、20年後を見据えて書きます。

〜ちゃん、ご卒園おめでとう!少し話は早いかもしれないけれど、なんかママは〜ちゃんが
人に教えることが好きになっていく気がしています。幼稚園に迎えに行くと、いつも
同じクラスのお友達にお絵かきなどを教えていましたね。

そんな〜ちゃんをママはほんと誇らしく思います。きっとこれからもそうやって人に
親切に教えてあげる人として育っていってほしいです。



いずれにしてもやはり前向きで、そしてこれからも伸びしろがあるよね、といった
感じで書くのがいいでしょう。あまりネガティブなことを書くのは、後々に残るので、
よろしくないかと思われます。

タグ:例文
posted by 卒園文集 at 00:38| Comment(0) | 卒園文集 例文

2013年02月05日

保育園 卒園文集

保育園の卒園文集となると親への負担は半端ありません。
これって園児の卒園文集?それとも親の卒園文集?なんて質問が浮かんで
きてしまうくらいかもしれません。

ただ、保育園児にとって卒園文集というのは今の時点ではあまり印象に
残らないかもしれませんが、あと10年経ってから見てみたときに、保育園児の
時にどんなことを書いていたのか、どんなことを書く仲間と一緒だったのか、
ということを振り返る時に初めて意味を持ってきます。

そういう意味ではあまりその場を乗り切ろうといった感じではなく、少し
長期的な観点から書いてあげる、作ってあげることが大事なってくるのでは
ないかと感じています。

10年経ってからだと、ある程度物事がわかってきます。下手をすると反抗期かも
しれません。そんな時でなくても手抜きをしたら、すぐにわかるものでもあります。
となると、いったい親と園児どちらの卒園文集なんだ?と思うのをぐっとこらえて、
10年後の子供に向けて書いてみるというのはいかがでしょうか。


まだまだ見た目も含めてかわいい時期ですよね。この時期にどんな愛情を受けたのか、
というのはその後の人生も左右してしまいますよね。多くの愛情だけでもあれですし、
愛情がないのもあれです。本当の愛情とは何なのか、そういったことを自問自答しながら
書いていくのもひとつの方法だと思います。
タグ:保育園
posted by 卒園文集 at 22:01| Comment(0) | 保育園 卒園文集

2013年01月31日

卒園文集 メッセージ

卒園文集に親からのメッセージが必要だと言われて、どうしようか、
と思われている親御さんも多いかと思います。確かにいきなり
メッセージと言われても、何を書けばいいか、とおもいますよね。

たかが幼稚園、保育園といように考えるべきでもないのですが、
じゃあ有名な詩人の詠んだ歌から引用とまではする必要ないですよね。

ポイントはいかにシンプルに、他の園児もわかるような簡単な言葉で
子供に対する期待感を表現してあげるかだと思います。あまりに親ばかな
状態を表現する必要はないと思いますが、やはり後々残るものですから、
ネガティブなことは書かないほうがいいかと思います。

そして節目の言葉でもあるので、前向きな言葉がいいでしょう。
例えば、

・よく3年間通園頑張ったね。最初は前の方だった背の順も徐々に後に
 なってきて、お母さんとしても成長したなって感じています。

・最近はお兄さんとしての自覚が芽生えてきてますね。自分のことだけじゃ
 なく、妹のことも気にかけてくれるようになって、お母さんはとても
 助かります。

・徐々に普段のリクリエーションの時間でも発言ができるようになったと
 先生からは聞いています。お家でもみんなの前でしゃべる練習をしたかいが
 あったね。

こんな感じで、ちょっとしたこと、他愛もないことを褒めてあげることで
期待感を表現してあげると、いいと思います。背が伸びた、なんていうのは
正直年齢からいって当たり前のようなことではありますが、それでもそういった
成長を感じられる事自体が幸せなことでしょう。

また組織という大げさなものではないですが、みんなの前でしゃべる、という
ことは将来的にはプレゼンテーションにもつながっていくことなので、お家で
練習までしていたということであれば、その成果をほめてあげるのもいいでしょう。

完全にお家の中だけのことよりは、幼稚園、保育園生活の中でも活きるような
そういったことについてのメッセージがいいのではないかと思います。

タグ:メッセージ
posted by 卒園文集 at 01:52| Comment(0) | 卒園文集 メッセージ